LowDown

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

何が教育的配慮だ!!



だいぶ前の話らしいですが、“あの”エロマンガ島の表記が「イロマンゴ島」になったということを今日知りました・・・・


理由はどうやら教育的配慮らしいです(TVで聞いたとこによると)。



・・・・っん?教育的配慮!?




教育的配慮ってナンダ!?



やっぱり明らかに下ネタと思える呼び方を子どもたちから遠ざけることがポイントなんでしょうか・・・・




【提案】

そんだったこっちの方がもっと教育的配慮ではないか!!





「イギリス」なんか呼ばすに今すぐ「UK」って呼ばせろ!!!




アホな話じゃないけど、もし「イギリス」を英語と勘違いした人がいたとしてステレオタイプな英語のテンションで「イギリス」と発音したらどうなるでしょうか!?




【予想】


もし聞き手が英語圏の人だったら同じ国名つながりで想定すれば、「ギリシャ(グリース)」と聞こえる気がします。

何度気持ちを込めて「イギリス」といっても聞き手には「ギリシャ」にしか聞こえていない・・・・








本当の意味での教育的配慮を考えんかい!!!



・・・・今すぐイギリスという表記を「UK」に変えることを提案します!!











スポンサーサイト

テーマ:◆◆雑学◆◆ - ジャンル:学問・文化・芸術

独り言 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<増築中・・・ | HOME | 『ファシリテーターの道具箱―組織の問題解決に使えるパワーツール49』>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。