LowDown

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

オペラがアツい!!




別に世間がそう叫んでいる訳ではありません


自分が勝手にそう思っているだけです



クラシックを聴くのは好きなんですが、どうも自分がやってる合唱曲・宗教曲を中心に聴いているというある種の偏りがありました。

特にオペラに関しては曲全体が長い&ストーリーが分からないという単純な理由で避けていたんですが、あえてチャレンジということでオペラ入門書(CD付き)を講読してみたところ・・・・・



意外なところにツボがあったんですね





「前奏曲」




いわゆる”プレリュード”と言われるヤツですね。




まぁ”前奏”ということでオペラのストーリーが始まる前に流れる曲の事なんですが、とくにワーグナーのオペラであればこの前奏曲とオペラ全体との関係が特殊で面白いわけなんです・・・



あんまり文章で説明しにくいんですが、まぁ簡単にいっちゃえばオペラの要所要所の押さえどころになるメロディーが前奏曲につめ込められているってことですわ♪





・・・で、とりあえず今自分がハマってる曲はコレ!!!


《ニュルンベルクのマイスタージンガー》より第1幕前奏曲


かつてウインナー(アルトバイエルンか何かだったような!?)のCMで使われていた曲です。










スポンサーサイト

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

趣味・娯楽 | コメント:1 | トラックバック:0 |
<<ミューザ川崎市民合唱祭2008 | HOME | ウコンのチカラ>>

この記事のコメント

 「ニュルンベルグ~」はうちの高校の校歌にモチーフが使われていました。
 ワーグナーなら「ローエングリン」第3幕の前奏曲が圧倒的に好きですね。自分の結婚式にも使いましたし。
2008-07-01 Tue 21:16 | URL | Qubic-K #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。